目元に自然なメリハリを 大人女性のアイラインの入れ方

アイライナーはペンシルタイプを使います。リキッドタイプだとぼかしにくく、後でビューラーを使ったときに落ちやすいからです。

引くときのコツは、まつ毛の根元が見えるよう、手でまぶたを引き上げること。まつ毛とまつ毛の間に新しい毛を植えるイメージで、黒い点を「置いて」いきます。「描く」のではなく「置く」と意識して。

「アイライン=線」という先入観は捨ててください。

置くのは、目頭から目尻の1mm外側まで。もともとまつ毛がない部分には描きません。

目頭から目尻まで点々を置き終わったら、引き締めカラーに使ったグレーのアイシャドウを綿棒につけ、点と点をなじませながらぼかしましょう。「アイラインを引きました」感のない、自然な目元に仕上がります。

 

勝負メイクにはリキッドをプラスする

もっと目を強調したいときは、ペンシルを引いた上からリキッドアイライナーでなぞりましょう。まつ毛の間にツヤが生まれて、さらに印象的な目元になります。リキッドは素肌に描くと落ちやすいのですが、ペンシルの上からなぞれば大丈夫です。

ただし、線が太くなりすぎると、目元がくすんでしまうので気をつけて。

ペンシル同様、「線」を描くのではなく、あくまでもまつ毛とまつ毛の間を埋めるように意識してください。

 

Screenshot of www.lettuceclub.net