ペルチェ発電について

ペルチェ発電とは、ペルチェ素子に温度差を与えて電力を発生させることで、ゼ-ベック発電とも一般にいわれています。ペルチェ素子とは、電子部品の一つでサーモ・モジュールとも呼ばれ、2種類の金属の接合部に電流を流すと、片方の金属からもう片方の金属へ熱が移動するという効果を利用した半導体素子で、ペルチェ効果は、1834年に、ジャン・シャルル・ペルティエによって発見されました。

また、逆に2つの金属の接合部に温度差を与えたときに、電圧が発生するという現象はゼーベック効果を表し、エストニアの物理学者、トーマス・ゼーベックによって、1821年に発見されました。ゼーベック発電は、広義には熱電発電の一つで、狭義には、ゼーベック効果による熱電素子を用いたもののことをいいます。

ゼーベック効果を利用し、接合部の一方を高熱源に他方を低熱源に接触させて電位差を生じさせて熱エネルギーを電力エネルギーに変換することができます。このとき、2種類の導体の組み合わせとしては、常温から500Kまでは、ビスマス・テルル系、常温から800Kまでは鉛・テルル系、常温から1000Kまでは、シリコン・ゲルマニウム系が使われています。

これらは高温で酸化される、資源量が少ないなどの課題があるため、より資源量の多い物質や酸化物材料を用いた素子の研究も進められています。なお、実際には1個の熱電素子で得られる電圧が小さいため複数の熱電素子を電気的に直列につないで高電圧出力が得られるように熱電素子モジュールを用います。これらはただ理論があるだけではなく実際にペルチェ素子・サーモモジュール販売もされています。

 

関節の痛みは薬物療法で和らげれる!

関節の痛みで、一度すり減ってしまった関節軟骨はもとの完全な形に修復されることはありません。したがって、その治療は痛みをとり、膝が完全に曲がりきらない状態や、伸びきらない状態を改善して、膝の機能を高めるようにしなければなりません。

その治療方法は、症状の進行度や痛みの程度によって異なりますがが、薬物療法、温熱?冷却療法、運動療法の3つの療法が基本です。

薬剤師から処方される薬はいろいろありますが、病気そのものを治すものではなく、あくまでも対症療法として、炎症を抑えたり、痛みなどの症状を和らげたり、軽くして回復を助けるためのものです。薬でも何でも継続することが大切です。もちろん薬は医師からの処方箋で決められますが、あらかじめネットでも図書館でも、気になれば薬の概要等をみておくのも良いかもしれません。少しは知っておくと、病院にいったときには、安心して先生の話が聞けますね。 何でも知識がないより、あった方が良いのです。

 

ペルチェ効果と反対の原理のゼーベック効果とそれによる発電

銅線で結ばれた異なる金属に電流を流すと発熱と吸熱が起きることを「ペルチェ効果」と言いますが、その発熱と吸熱の効果を逆に応用して、金属に温度差を与え、電圧を発生させることを「ゼーベック効果」と言います。名前の由来は、エストニアの科学者で発見者のトーマス・ゼーベックの名前によります。先ほど、ペルチェ効果の応用がゼーベック効果だと書きましたが、実際の発見は、ゼーベック効果の方が早く、ゼーベック効果は1821年に、ペルチェ効果は1834年にそれぞれ発見されています。

ペルチェ効果とゼーリック効果、そしてもう一つ1854年にウィリアム・トムソンが発見したトムソン効果を総称して「熱電効果」、熱電効果が得られるものを「熱電変換素子」と言います。

さて、熱が電気に電気が熱に変わるということは、当然発電への応用が考えられます。実際に発電への応用がされています。先ほども書いたように金属と銅線のみが必要なだけですので、非常にコンパクトかつ自由なシステム設計が可能ですし、部品が少ないため故障の可能性が低く、長寿命で高いシステムを作ることができます。

そのため、メンテナンスが困難なロケットや衛星など宇宙関連技術の発電システムとして採用されています。しかし、原子力や火力など他のエネルギーと比べ発電量が少ないため、これらに置き換わってベース電力となるのは困難だというのが実情です。ただ、廃熱などが利用できるため、太陽光や風力などと同様、クリーンエネルギーとして期待されています。

 

ウォーターサーバー業者の比較方法について

ウォーターサーバーは、電気を通して水の冷却または加熱を行う装置です。装置そのままでは水は出ませんので、水道管または市販の水が入ったボトル又はタンクなどと繋ぐと、利用する事が可能となります。本来、ウォーターサーバーとは冷却装置そのものを指すのですが、最近では水の宅配業者と契約し、サーバーをレンタルし、定期的に水道水以外の水(天然水や自然水など)を購入するというサービスそのものを指すようになってきています。

水の宅配業者と契約してサーバーを利用するメリットは、常に美味しい水を飲めるという点です。しかし、天然水や自然水の購入には、水道水よりも高い費用が発生するので、業者との契約は慎重に行う必要があります。業者を比較する中で、注目すべきポイントは中途解約の可否およびその際に違約金の支払義務などが生じるか否かという点です。優良な業者の場合は無料でいつでも解約可能という所が多いですが、中には法外な違約金を請求する業者もいるので注意が必要です。

また、サーバーのレンタル費用の値段に加え、メンテナンスにかかる費用についても十分に比較しておく必要があります。業者の中には月々のサーバーレンタル料を安くする代わりに、サーバーのメンテナンス費用として別途料金を請求する所もあります。また、これとは別に年会費がかかったり、一定量以上の水の注文を義務付ける業者もいます。業者選びの際にはこのようなポイントを十分に精査する必要があります。

 

断食と肌断食

現代社会において、糖尿病や高血圧などの過食が原因の病気が増加傾向にあります。24時間いつでも食べ物が手に入るコンビニやスーパーなども多く、早くから遅くまで働いている方々が増えてきている状況もあってか、現代人は食べ過ぎの傾向にあります。食べ過ぎてしまうと、内臓が疲労してきてしまい、そうなると内臓だけではなく、肌などの外側にも影響を及ぼしたり、体の不調を訴えるようになります。

そこで、断食を行う事をオススメしたいと思います。なぜなら、エネルギーの消費が大きい、生命活動である消化や吸収などを担っている消化器官を休ませることによって、体の全器官も休息する事が出来ます。ですので、一日断食をするだけで、体が休まり、翌朝目覚めが良く体が軽くなったように感じる事が出来るのです。しかしながら、無理な断食は逆効果ですのでやる時は慎重にやる事をオススメしてます。

また、少し話は変わりますが、肌の乾燥などが気になる女性に話題になったのが、肌断食と呼ばれているものがあります。毎日メイクをしている女性が大半ですが、肌にはやはり良くありません。ですので、休みの日などにあわせていつも使っているスキンケアやメイクを止めることで、肌トラブル解消が狙えるそうです。

 

前十字靭帯損傷と予防の為のグルコサミン

膝の前十字靭帯とは関節の中にある靭帯で、運動する際膝を安定させる役割をしています。前十字靭帯損傷はジャンプで着地した時など膝に負担が掛かりに膝が外れた際に起こることが多いです。怪我をした際に変な音が聞こえ動けなくなる事もあります。通常は半月や1ヶ月程度で普通に生活出来るようになりますが、再度運動などをして膝に負担が掛かる事があると、再度膝が外れてしまう事が多くなります。

また損傷したままでいると期間を重ねれば重ねるだけ膝の痛みや腫れなどが出やすくなってきてしまいます。また、日常生活等に不便が出るなどがあった場合は前十字靭帯の再建手術をした方が良いとお医者さんから診断される事があります。

しかし術後に発熱を引き起こしたりする場合もあるので、注意が必要です。そこで、予防の為に膝の軟骨を再生すると言われているグルコサミンを積極的に摂取していくことで、怪我や年齢とともにすり減っていく関節のケアをしていきましょう。